脱毛の前日にお酒をのんでしまった!飲酒がNGな理由と対処法をご紹介

 

脱毛サロン・クリニックで、脱毛の施術日前後で飲酒を制限しているのにはちゃんと理由があります。

 

そこで本記事では、脱毛前に飲酒がNGな理由と、飲酒をしてしまった際の対処法をご紹介します。

 

美容脱毛サロンEmpFirstのスタッフが、2分であなたのお悩みに答えます。

 

なぜ脱毛前の飲酒はNGなの?

痛みを感じやすくなるため

お酒には利尿作用があるため、体内の水分が奪われる原因になります。

 

そのため、お肌の乾燥を引き起こすやすくなり、肌のバリア機能も下がってしまいます。

 

その状態で脱毛を受けると、普段よりも痛みを感じやすくなってしまいます。

 

肌トラブルを引き起こしやすくなるため

飲酒をすると血流の増加や体温上昇が起こります。

 

その状態で光やレーザーを照射すると、やけどなどの肌トラブルを引き起こす可能性が高くなってしまいます。

 

そういったトラブルを避けるためにも、脱毛前の飲酒は控えましょう。

 

前日に飲酒してしまった時の対処法

予約日を変更する

脱毛の施術の前日もしくは当日に飲酒してしまった際は、サロンやクリニックに連絡して予約日を変更するのが一番無難です。

 

また、サロンやクリニックによっては「少量の飲酒なら施術が可能」としているところもあります。

 

「どうしてもその日に脱毛したい!」という方も、飲酒をしてしまった旨をサロンやクリニックに連絡しましょう。

 

くれぐれも自己判断で「大丈夫だろう」と考えて、連絡をせずに施術を受けることは避けましょう。

 

飲酒はいつから控えるべき?

脱毛の前後12時間は飲酒を控えよう

個人差はありますが、一般的には飲酒から12時間でアルコールが抜けると言われています。

 

安全に脱毛をするためにも、目安として前後12時間は飲酒を控えましょう。

 

 

脱毛後に肌トラブルが起こった時の対処法

まとめ


ここまで、脱毛前のお酒がNGな理由とのんでしまった際の対処法についてご紹介させていただきました。

 

本記事を通して、脱毛に関する悩みが解消されましたら幸いです。

 

 

最新の安全な脱毛マシンを導入しているEmpFirstで無料カウンセリングを受けてみませんか
(相談のみでも可能です!)

 

 

〈脱毛のお悩みに関する記事〉

お悩み, 脱毛情報の関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事