背中のニキビは脱毛に影響ある?恥ずかしい方も大丈夫です!

今回は、みなさんが気になる背中のニキビについて。

 

なかなか自分で見れない場所なので気になりますよね。

 

脱毛できるのか、そもそもなんでニキビができてしまうのか、EmpFirstスタッフが解説します。

 

(この記事は5分で読めます)

背中のニキビは脱毛に影響ある?


ニキビがあっても、脱毛サロンで施術を受けることはできるのですが、ニキビに光が照射されることで、悪化してしまう可能性もあるということから、サロンでは、ニキビが治ってから照射するように勧められることも多いです。

 

または、その部位や周辺の照射は避けて行うという方法で施術できる可能性もあります。

 

しかし、脱毛器の種類によっても異なるため、背中にニキビがあっても照射できるかどうかは、サロンに直接問い合わせしてみるのがよいでしょう。

 

ニキビの状態によっては、照射が難しいということもありますが、ほとんどの方は、背中ニキビがあっても脱毛されています。

 

どういったニキビの状態だと施術できないの?

赤く腫れあがっていて痛みがあるとか、黄色く膿が出ている、破裂している、数がとても多いというような場合は、施術できないこともあります。

 

実際に状態を確認しないといけないこともあるので、一概には言えません。

 

しかし、それ以外の場合なら、背中の脱毛を受けることで、ニキビ予防につながります。

 

その理由は、脱毛することで毛穴が引き締まって汗の汚れが詰まりにくくなるからです。

 

繰り返しできる背中ニキビや、プツプツした白ニキビでお悩みなら、背中の脱毛はおすすめです。

 

背中のニキビはなんでできる?


ところで、背中ニキビはどうしてできるのでしょうか?

 

背中ニキビができてしまう原因を知っておくことで、予防することができますね。

 

シャンプーやボディソープなどのすすぎ残し

シャンプーやボディソープなどは、洗い流したと思っていても、すすぎ残しが意外とあります。

 

これらが原因となって、背中ニキビができることも多いです。

 

すすぎ残しがないようにしっかりと洗い流しましょう。

間違ったお手入れ

背中のうぶ毛やムダ毛が気になって、自己処理していませんか?

 

剃刀を使って処理していると、皮膚に傷が付きやすいです。

 

この傷から、雑菌が繁殖し、ニキビとなってしまう可能性があります。

衣類による摩擦や汗

背中は汗をかきやすい部位です。

 

そのため、夏になると背中ニキビが悪化してしまう人は多いです。

 

汗をかいてすぐに拭くことができれば良いのですが、放置してしまうと雑菌が繁殖しやすくなり、ニキビの原因となってしまいます。

 

服で蒸れやすく、衣類の摩擦もあり、背中ニキビができると悪化しやすいのです。

背中が乾燥している

背中が乾燥していると、背中ニキビができやすくなります。

 

肌は乾燥するとバリア機能が低下してしまい、それによって刺激を受けやすくなります。

 

さらに雑菌も繁殖しやすくなってしまうので、背中ニキビが増えやすくなるのです。

 

これを防ぐためには、背中の保湿をしっかり行うことをおすすめします。

 

脱毛サロンでケアすれば、背中もしっかり保湿してくれるので、ニキビ予防にも繋がります。

食生活の乱れやストレス

食生活の乱れやストレスでも、背中ニキビが悪化しやすくなります。

 

油っこいものを食べ過ぎたり、甘いものを食べ過ぎると、皮脂の分泌量が増えやすくなるので注意しましょう。

 

ストレスが増えると、自律神経のバランスも崩れてしまい、ニキビが悪化しやすくなります。

 

健康な肌をキープするためには、バランスの良い食事を心がけ、ストレス解消方法も身につけておきましょう。

ホルモンバランスの乱れ

生理前は、女性はニキビができやすくなると言われています。

 

背中ニキビも同じで、ホルモンバランスの影響でできてしまうことがあります。

 

ホルモンバランスを整えるためにも、睡眠をしっかりとる、食生活に気を付ける、ストレスを溜めないなど意識したいですね。

まとめ


背中ニキビがある場合でも、脱毛ができることをご紹介しました。

 

自己処理は、余計に背中のトラブルを悪化させてしまうので、辞めましょう。

 

背中を綺麗にしたいという人は、サロンやクリニックで、脱毛を受けてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事