全身脱毛の施術を受ける前には、自己処理が必須です。
 
本記事では、施術前に自己処理が必要な理由と、適切な自己処理の方法をサロンスタッフがご紹介します。
 
〈この記事は3分で読めます〉

全身脱毛の前に自己処理が必要な理由

 
それは、安全に施術するためです。
 
施術前に自己処理を怠ると、伸びた毛に熱が伝わることでやけどや炎症を引き起こす可能性があるため、施術を断られる場合があります。
 
そのような事態を避けるためにも、施術前にはしっかりと自己処理を行いましょう。

自己処理の適切な方法

 
続いて、自己処理の適切な方法をご紹介します。

前日に自己処理を行う

施術当日に自己処理を行うと、肌に負担がかかり、施術中に痛みを感じやすくなります。
 
一方で、自己処理の時期があまりに早すぎると、ムダ毛が生えてきてしまします。
 
そのため、前日に自己処理を済ませておきましょう。

電気シェーバーがおすすめ

自己処理の際は、肌への負担が少ない電気シェーバーがおすすめです。
 
それとは反対に、肌への負担の大きい、毛抜きや脱毛クリームはNGです。
 
電気シェーバーを持っていない場合は、肌を保護するためのシェービング用クリーム等をつけた上で、カミソリで丁寧に処理しましょう。

VIOはハサミでカットする

VIOはハサミで短くカットしてから、電気シェーバーまたはカミソリで丁寧に処理しましょう。

肌の保湿は忘れずに

自己処理を行う前後は、特にしっかりと肌を保湿してあげましょう。
 
乾燥による肌トラブルを引き起こすと当日の施術を断られるケースもあるため、肌の保湿は必須です。

剃り残しがあった場合の対処法

 
施術当日に剃り残しがあった際の対処法をご紹介します。

当日に店舗でシェービングをしてもらう

有料オプションとしてシェービングを実施している店舗も一部存在しています。
 
また、手の届かない「背中」「うなじ」「Iライン」「Oライン」に関しては、サービスでシェービングしてくれる店舗もあります。
 
どのようなサービスを設けているかは店舗により異なるため、事前にお店に問い合わせて確認しておくといいでしょう。

剃り残しのある部分は施術を行わない

剃り残しのある部分を避けて施術を行うのも、ひとつの手です。
 
ただ、その場合は本来脱毛できた部分も施術を行えないため、事前に自己処理をしておくことをおすすめします。

まとめ

 
ここまで全身脱毛の施術を受ける前に、自己処理が必要な理由と、その方法をご紹介してきました。
本記事を通して、脱毛前の自己処理方法についての悩みが少しでも解消されましたら幸いです。
 

EmpFirstで無料カウンセリングを受けてみませんか

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事