光脱毛の痛みってどのくらいなの?レーザー脱毛との痛みの違いは?痛みを抑えるためにはマシンが重要?

光脱毛はレーザー脱毛よりも比較的痛みを感じにくいというメリットがあります。
 
しかし光脱毛もレーザー脱毛も仕組みは同じで、肌内部に光を加えて毛を生えにくくしています。
 
そこで気になるのが本当に光脱毛は痛みが少ないのかという点です。
 
脱毛は回数が必要です。
 
そこで長期的に通うとなると痛みを抑えるのは重要になります。
 
でも実際はどの程度の痛みなのか口コミなどをみても個人差はあり、不安を感じる方もいるでしょう。
 
今回この記事では「光脱毛の痛み」そして「マシンによる痛みの違い」などまとめます。
 

光脱毛が痛い理由はなに?

レーザー脱毛より痛みを感じにくいといわれる光脱毛ですが、全く痛みを感じないというわけではありません。
 
痛みの感じ方に個人差はありますし、部位によっても痛みの感じ方は違います。
 
またマシンによって感じる痛みの度合いも異なります。

レーザー脱毛と比べるとたしかに痛みは軽減されていますが、脱毛そのものに痛みを感じるのはなぜでしょう。
 

脱毛が痛い理由

脱毛そのものに痛みを感じるのは、脱毛の仕組みを理解すると分かりやすいと思います。
 
私たちの毛は毛周期のサイクルで生え変わっています。
 
自己処理をしてケアできるのは目に見える表面の毛だけです。
 
肌内部にある毛根は表面の毛をケアしてもサイクル通りに毛を再生しています。
 
そこで自己処理の煩わしさや、ケアしにくい部位の毛を施術することで自己処理の回数を減らし、同時に肌トラブルを予防してくれるのが脱毛です。
 
毛の再生力を抑えて生えにくくするために、脱毛マシンでは毛を生成する毛根に光や熱を加えます。
 
照射のパワーはマシンにより異なりますが、毛根に光や熱を加えることで毛の再生力を弱め、施術の回数を繰り返すことで毛が生えかわらない状態にしています。
 
ここで痛みの原因になるのは毛根に与える刺激です。
 
光を加えるにしても医療脱毛で取り入れられているニードル脱毛(熱を加えます)も毛根へ刺激を与えることでピリッと痛みを感じます。
 
痛みの感じ方に個人差はあると伝えていますが、やはりマシンによっては痛みを感じやすいマシン、痛みを抑えてくれるマシンがあります。
 
施術する時に感じる痛みの表現に人それぞれ異なります。
 

  • 輪ゴムで弾いたような痛み
  • ピリッと電気が走った痛み
  • ヒリヒリと火傷のような痛み

 
脱毛を考えるとき、大半の方が気になるのは痛みです。
 
上記のように表現されていると不安感が増すのは当然でしょう。
 
しかし中には「少し温かくなる程度」などのコメントもあります。
 
これは痛みに強いというのも一つの理由でしょうが、最近では脱毛でも痛みを最大限に抑えているSHRマシンという最新機器が導入されています。
 
SHRマシンは痛みの原因になる毛根へ光を加えるわけではなく、毛包とバルジ領域といわれる発毛因子を作り出す細胞へ光を加えています。
 
優しい光を毛の再生に関与する根本の細胞へ送り込むので痛みを抑えるだけでなく高い脱毛の効果が得られる最新機器です。
 
このように脱毛による痛みはマシン選びを重視すると負担を最大限に抑えることはできるのですが、脱毛にはそれなりにお金がかかります。
 
納得して安心してサロンを選ぶためには光脱毛の種類やレーザー脱毛との痛みの違いについても理解しておきましょう。
 

光脱毛の痛みとレーザー脱毛の痛みの違い

 
光脱毛の一つのメリットはレーザー脱毛より痛みを感じにくいという点ですが、脱毛の回数や脱毛の効果が早期に実感できるのはレーザー脱毛です。
 
痛みは我慢しても早期の脱毛を考えるとレーザー脱毛が優位に立つ気もします。
 
しかし実際にレーザー脱毛で脱毛を始めた人の中には「失敗だった」という声も非常に多いです。
 

  • 想像以上に痛くて続けられなかった
  • 部位によって脱毛を諦めた
  • 高いお金を払ったけど通うのが憂鬱になった
  • 痛みがなかなかひかずに予定通りに脱毛できない

 
レーザー脱毛経験者の中にはこのような声があります。
 
痛みに関して覚悟はしていても1回の施術時間が90分〜120分となるとかなり苦痛になるようです。
 
また部位によっては耐えられずに全身の施術予定でも全身のケアができなかったという方もいます。
 
通うことが憂鬱になるというのはよく聞く話ですし、脱毛の効果を高めるために出力を上げることで肌トラブルが絶えないというケースもあります。
 
痛みにおいてはサロン脱毛が優位に立つ。
 
でも痛み以外は医療脱毛の方にメリットがあると考えている方も、ぜひ医療脱毛の痛みの度合いやデメリットについてもみておきましょう。
 

医療脱毛の痛みを耐えるには忍耐力が必要?

クリニックで行われるレーザー脱毛は光脱毛と比較するとかなり強い出力で毛根に光や熱を加えます。
 

レーザー脱毛(医療) 500~1,200nm
光脱毛(サロン) 800~810nm

500〜1,200nmと出力の幅は広いのですが、クリニックは回数が少ないこともウリの一つですので出力はサロン脱毛で使われる800nm以上のパワーを加えています。
 
お客さまによって希望があれば出力を下げることも可能ですが、出力が下がることで脱毛効果は半減されますので、施術の回数は増えてしまいます。
 
また大きなパワーを加えるのがレーザー脱毛の特徴ですので、万が一のトラブルに対処できるように医師のみが施術を行なっています。
 
レーザー脱毛も機器はさまざまですが、多くの機器は約250℃以上の熱を発します。
 
これだけの熱が加わるので毛根に対する刺激だけでなく皮膚へもダイレクトに痛みを感じるのです。
 
もし痛みは覚悟というのであれば、レーザー脱毛の中でも蓄熱式の機器を選ぶと痛みは少し軽減されるはずです。
 
それでもやはりパワーは強いですので痛みは感じますが、熱破壊式と比べると気持ち痛みを軽減させることはできます。
 

光脱毛はマシンによっては温かさを感じる程度?

レーザー脱毛と比較すると痛みに関しては優位に立つのが光脱毛です。
 
光脱毛は毛根に送り込む出力が低いので絶えられないほどの痛みと感じることはありません。
 
もちろんマシンによっては痛みがストレスになる方もいますが、レーザー脱毛と比較すると断然痛みは抑えられています。
 
ちなみに約250℃の熱を加えるレーザー脱毛に対して光脱毛の照射時の温度は約60〜70℃です。
 
照射のパワーが低いということは一度の施術による効果はレーザー脱毛と比べると低くなりますが、痛みを抑えながら通いやすいという点ではメリットになるはずです。
 

光脱毛はマシンや部位別によっては痛みが異なるの?

近年、サロン脱毛を選ぶお客さまが増えているのは選択肢が増えているという背景もあります。
 
これまで効果においては絶対にクリニックという考えでした。
 
しかしサロンにも最新のマシンが導入されると費用面や痛みの軽減だけでなく効果に関しても大きな差はないと認識が変わっています。
 
これは脱毛サロンならどこでも同じメリットが得られるというわけではありません。
 
高い効果とメリットを得るためにはマシンを重視することが重要になります。
 

マシンによる痛みの違い

脱毛サロンで主に使用されているマシンは3つです。
 

  • IPLマシン
  • SSCマシン
  • SHRマシン

 
IPLマシンはサロン業界の中でも古めのマシンです。
 
SSCマシンは毛根に成分を送り込むため、効果の現れ方に大きな差が出てしまいます。
 
EmpFirstが導入している最新のSHRマシンはこれまで光脱毛がレーザー脱毛に劣っていた難点を解消してくれる最新機器です。
 

IPLマシン

IPLマシンはサロンで使用されるマシンの中では痛みを最も感じやすいマシンです。
 
毛根に光を加えるので部位によっては耐えられないという方もいます。
 
また毛根に光を送り込むので毛周期のサイクルを無視することはできず、1ヶ月半〜2ヶ月おきの施術になります。
 

SSCマシン

SSCマシンは毛根に光を加えるわけではなく毛の再生力を抑止する成分を送り込みます。
 
痛みに関しては抑えられていますが、効果に関しては個人差が現れやすいというのが難点です。
 
痛みは抑えてくれますが毛根に成分を送り込むので、IPLマシン同様に毛周期のサイクルに合わせて脱毛しないといけません。
 

SHRマシン

光脱毛の中でも、最新のSHRマシンは毛包とバルジ領域にアプローチするので光脱毛で使用されるマシンの中でも痛みを抑えてくれます。
 
さらに毛周期を気にすることなく施術が可能ですので、短期間で脱毛できる画期的なマシンです。
 

SHR脱毛 IPL脱毛・SSC脱毛 レーザー脱毛
脱毛完了までの回数 12回〜18回 12回〜18回 5回〜6回
脱毛完了までの期間 約1年 2年〜 1年〜2年
毛周期との関係 なし あり あり
痛み 程よく温かく感じる程度 IPLマシンは痛みもある あり

 
SHRマシンも光脱毛を行うマシンですので、痛みを感じにくいという光脱毛のメリットは残しつつも「毛周期関係なく施術できる」というレーザー脱毛でも切り離すことのできなかった毛周期との関係を切り離し短期間での脱毛を可能にしています。
 
そこで痛みを抑えるために回数は必要なものの、その回数を短期間で重ねることができるので、無駄に時間を費やすことなく脱毛できるのが最新のSHRマシンです。
 
先ほどレーザー脱毛の中でも蓄熱式の方が少しは痛みを抑えられると紹介しましたが、SHRマシンも蓄熱式で熱破壊式よりも照射温度が低いので痛みを感じやすいといわれている部位も、どのマシンよりも痛みを抑えて脱毛ができます。
 

部位別の痛みの違い

全身脱毛はもちろんですが、痛みを感じやすいといわれている部位は特にSHRマシンがおすすめです。
 
それぞれのマシンで痛みの程度に慣れているつもりでも、やはり部位によっては強烈な痛みを感じます。
 
特に脇やVIOラインは脱毛中、痛みに耐えることができずに中断する方もいるほどです。
 
脇なんて脱毛したいパーツNo.1の部位です。
 
その脇の脱毛に強いストレスを感じては全身脱毛に踏み切ることなんて到底できないでしょう。
 
脱毛によるメリットは自己処理軽減だけでなく、肌トラブル予防、そして見た目の印象を変えてくれます。部分脱毛から始めた方が最終的には全身の脱毛をするほど、脱毛にはさまざまなメリットがあります。
 
しかし痛みに耐えられないという状況になってしまうと断念せざるを得なくなりますし、お金を無駄にかけただけになってしまいます。
 
やはり脱毛は安心して通いやすいサロンを選ぶことが重要になります。
 
そこで痛みを感じやすい脇やVIOラインはどれほどの痛みなのか?マシン選びがどれほど重要かということも理解しておきましょう。
 

脇やVIOラインはなぜ痛いの?

  • 神経や血管が集中している
  • 皮膚が薄く痛みがダイレクトに伝わる
  • 毛が密集している

ここに挙げた条件は脱毛で痛みを感じる条件です。
 
脇やVIOラインはこの条件が揃っています。
 
そこで強い痛みを感じるのです。
 
また脇やVIOラインは自己処理により黒ずみも発症しやすく、肌トラブルも起こしやすいパーツです。
 
ですので男性の場合、髭も同じです。
 
髭脱毛もやはり痛みが感じやすいといわれています。
 

光脱毛の痛みを抑える2つのポイント

痛みを感じやすい部位もできるだけ痛みを抑えることができたら、ストレスなく脱毛を始めることができます。
 
そのためには痛みを感じる条件をなくしてくれるマシンを選ぶことです。
 

①マシンを重視する

どの部位でも痛みを感じやすいレーザー脱毛は脇やVIOラインへの照射は我慢できないという方も非常に多いです。
 
脇やVIOだけはサロンで脱毛したなんて方もいますし、痛みを考えるのであればレーザー脱毛はおすすめできません。
 
光脱毛に関してIPLマシンは痛みを感じる条件が揃ったままでの脱毛ですので、痛みを軽減させることはできません。
 
またSSCマシンは成分による脱毛ですので、光を加えることで脱毛効果を感じやすい脇やVIOラインへの効果が出にくいというデメリットが加わります。
 
その点、SHRマシンは毛根ではなく毛包とバルジ領域に光を加えるのでメラニン色素への刺激を抑えてくれます。
 
神経が薄い、皮膚が薄い、毛が密集しているなどの条件は体の仕組みから仕方ないことですが、少しでも痛みの要因をなくすことができると痛み軽減につながります。
 
ただし、SHRマシンは最新機器なので導入しているサロンはまだ少ないというのがサロン探しの手間になるかもしれません。
 
EmpFirstはいち早くSHRマシンを導入しています。
 
在籍するエステティシャンはすでにSHRマシンで多くのお客さまの脱毛を行なっています。
 
安全面はもちろんですが技量の高いエステティシャンのみを在籍させていますので、痛みを抑えながら快適な脱毛を続けるためにも、ぜひ一度EmpFirstへカウンセリングにお越しください。
 

②セルフケアを徹底する

脱毛時に痛みを感じる要因にもなるのが肌ケア不足です。
 
光による刺激を抑えるため、次回の脱毛をスムーズに行うための肌ケアは自宅でも徹底することが早期に効果を高めるためのポイントです。
 

保湿をしっかり行う

保湿は脱毛後だけでなく、常に意識しておく必要があります。
 
肌が乾燥状態にあるとマシンから送られる熱や光の吸収率が高くなり痛みの原因になります。
 
また毎日の保湿ケアを徹底することで強い光を照射しても痛みを抑えられるというメリットがあり、脱毛効果も高まります。脱毛後だけでなく毎日の保湿を習慣にしておきましょう。
 

冷却時間を伸ばす

照射前には痛みを和らげるために肌を冷却しますが、冷却しても痛みを感じる場合はスタッフへ声をかけて冷却時間を伸ばすのも痛み軽減のポイントです。
 
また冷却のポイントは脱毛前だけでなく、EmpFirstでは帰宅後に赤みなどの症状が出た場合など自宅での保冷もお願いしています。
 
一時的に赤みの症状が出る可能性はゼロではありませんし、他のマシンでも同様のことは起こります。
 
照射は抑えていても赤みが出る場合などの対処法についてもEmpFirstでは保冷剤を使った冷却や、濡れたタオルでの冷却をお願いしています。
 
肌トラブルを悪化させないためでもありますし、短期間での脱毛をより体感してもらうためですので自宅でのセルフケアも徹底して行ないましょう。
 

日焼け対策も徹底する

脱毛を短期間に進めるためには脱毛中の日焼けなども避けるようにお願いしています。
 
日焼け肌には照射できないマシンも多い中、SHRマシンは肌質を問わないというメリットがありますが、やはり肌状態を整えておくほうが脱毛効果は高まります。
 
SHRマシンで早期の脱毛を完了させるためにも、脱毛の中の日焼け対策に肌ケアをお願いしています。
 

体調によっては施術を控える

短期間での脱毛がSHRマシンの強みですが、お客さまの体調によっては施術を控えるよう勧めることもあります。
 
無闇に照射するほうが体に負担になることもあります。
 
女性の場合は生理前や生理中など人によっては体調が悪化することもあるでしょう。
 
また体調不良時は免疫力も低下しています。
 
体に負担になると判断された場合は遠慮なくご相談ください。
 

光脱毛の痛みの感じ方は人それぞれ違う!口コミを参考にするよりもマシンを重視しよう

光脱毛は痛くないなどと大々的に告知しながらも、実際に通ってみると我慢できない痛みだったなんてこともあります。
 
光脱毛はレーザー脱毛と比較すると痛みは抑えられています。
 
ただ、抑えられているだけで従来のマシンではそれなりに痛みは感じます。
 
部位によっては我慢できないという方もいるくらいです。
 
光脱毛の痛み軽減のメリットが本当に得られるのは最新のSHRマシンです。
 
SHRマシンは痛みを抑えながらも最短1年で脱毛が完了できます。
 
EmpFirstはもしものトラブルに対してもカウンセリング時にも丁寧にご説明させていただいています。脱毛中に感じる疑問や不安もお気軽にご相談ください。
 
技量の高いエステティシャンがカウンセリングからアフターケアまでサポートさせていただきます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事